ねこがきた夢

なんだか柔らかな優しい気持ちがふんわり残って、、メモっておきたいと思った夢でした。
後から見ても覚えてない所も有るのですが、そのままにして
覚えているイメージを書き足しました。

・・・
小さい細長のふむふむした猫が
胸元の懐に入っていた。

青みがかったグレー
手触りが気持ちよい
こちらをクリッと見つめる目が微笑ましい

娘と男性と住み始めた家らしい、、その男性は心許せる近しい感じだった。
私は飼うのを躊躇っているようだったが、迷ってるとその男性が飼えば良いよと言ったような、、、飼う事になる。

まだ慣れない朝。
猫もいてみんなでバタバタ。
遅刻しちゃう.. と、娘と焦って支度をしている。

いったん消えてしまう、。
親の元へ?でもまた戻ってきた。
・・・

目が覚めてメモってたはずが.. 夢の中、、ハッと目覚めて いかんいかんとメモってたはずが.. また夢の中、、で、メモられていたのはここ迄でした。

何かの訪れが有るのでしょうか。
よろしくお願いします。

「ねこがきた夢」への1件のフィードバック

  1. 猫や娘さんには特に意味は無いように思いますが、愛おしいものが懐に入り込んでくるというのには、心の中にある何かしらの願望が重なっているようにも感じます。

    孤独感、焦燥感、そういったものに最近は悩んでいませんか?
    温もりの欲しさや、安心感を渇望しているとよく見る夢のようです。

    猫は、自分に危害を加えない生き物として、安心できる何かなのでしょう。

    何かが訪れるか否かはわかりませんが、少なくともご自身がそれを求めているのは夢の無いようで、理解できるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です