優劣コンプレックスの意味

解説

人はだれしも優位性を求めて生きています。
優位性とは進化の変形です。

この世界に誕生した直後から、この世界に貢献したいと思うのが生命ですが、そのためにはまず自己の成長が不可欠です。
自己実現とは、さらに突き詰めると他者へ貢献をしたいために取る手段とも言えます。

自己の成長過程においては、理想を掲げ、そこに近づき、到達したのちに再び目標を立てるということを繰り返します。
しかし、物事がうまくいかない人の多くは、努力不足から来る無知によって現実的では無い過剰な目標設定を自分自身にさせます。


理想の自分が高ければ高いほど、現実の自分との評価差が広がり、強い劣等感となります。

しかし、先に示した通り、人は優位性を求めて生きています。
そのため、たとえ劣等感に苛まれても、なにかの分野で優位性を得たいと思う無意識によって、優位コンプレックスが生じます。


これは非常にわかりやすくいうと、自分よりもできない人や能力の低いと思われる人、財産を持たない人を見て安心したり、相対的に自分を優位にする事を意味ます。

高価なブランド品を持ったり、学歴や経歴を過剰に申告すること等などが優位コンプレックスの典型です。



心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳