劣等コンプレックスの意味


解説

劣等感とは、他者との相対的比較によって生じるものです。

自分が抱く理想や目標に対して、現時点の自分を比較して発生する際が自己嫌悪となりますが、劣等感は多くの場合、ある結果に対してそれを叶えられない言い訳として使われます。

例えば、私は○○だから××できない。
という場合です。

この○○と××の間には、一見すると因果がありそうにも見えますが、実はそんなことはなく、本人が問題の本質から逃れたいためにその枠の中に安住しているのだという事です。

自分は学歴がないから仕事ができないのだ。
という場合、学歴と業績にはまったく相関はありません。
なぜなら学歴がなくても仕事ができる人はいますし、成功している人の多くは学歴などない人が多いからです。

しかし、仕事ができないという事実を真剣に考えた時、もっと大きな課題や問題に取り組まなければならず、それを思考するのが面倒で大変なので、一般的な学歴が無いという言い訳を用いて現実から目を背けているだけとなります。




心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.