常同症(stereotypy)の意味

解説: 型にはまった同じ行為や姿勢言語などを、長時間にわたって反復したり持続すること。随意行動。常同症は、強迫の一種である「常同強迫」、無言・無動状態を続ける「常同姿勢」、徘徊に代表される「常同行為」の3タイプに大別できる。「自閉症」「知的遅滞」「統合失調症」などに顕著な症状。
PR:



その他のワード|メンタル用語解説集一覧へ戻る
ワード名称
情動失禁(emotional incontinence)
衝動行為(impulsive)
情緒不安定性人格障害(emortionally unstable personality disorder)
焦燥(agitation)
受動的な(passiv)
集中力の欠如(poor concentration)
執着性格(immodithymic character)
社会的引きこもり(social withdrawal)
死への恐れ(fear of dying)
嫉妬妄想(delusion of jealousy)
失行(aparaxia)
失語(aphasia)
失見当識(disorientation)
失声(aphonia)
失神(syncope)
心の不安、うつ、精神科・心療内科等で使われる専門的な用語を解説します。
メンタルワード、意味から検索:
メンタル用語解説集一覧へ戻る

心の悩み、うつ対策総合ページ・サイト内検索

スマートフォン向け専用サイト

心の旅、スピリチュアルライフ