頂いたご相談のまとめ

「暗い話が苦手な彼」の者です



ご回答をくださり誠にありがとうございました。
「暗い話が苦手な彼」の題で相談させて頂きました5/29生まれの者です。
大変お早くご回答を頂き、その日から日々何度も読み返したり、他の方の相談を読んでなるほど、と思ったりしています。

おかげさまで彼との関係をある程度楽観視でき、自分の感覚を信じる契機となりました。

彼はこれまでの苦境を努力と知識で乗り越えてきたところもあり、それゆえか自分にも他人にも厳しいところがあります。特に、社会的に「弱者」と呼ばれる人たちを認められない部分があるのが私にとって最も気がかりでした。

一度どうしても看過できない事があり、その件で私がきつく叱ってしまったこともありましたが、現在の彼の傷つきやすさを考えれば、もう少し私が俯瞰的になり、丁寧に対処すべきだったと思い、以後なるべく大らかに接するようにしています。

友人や上司に話せば「別れるべき」と言われ、私自身ももっと大らかな頼れるタイプの相手を探すべきなのではなどと思い、別れを決断しようとしましたが胃が痛むばかりで、最近の彼の純粋さに触れればますます愛らしく、切り捨てるようなことはできないという思いに至ります。
彼が少しずつでも変わろうとしているのと同時に、私も焦らずに今の彼を信じるべきなのだと思います。


相手を変えることはできない、変えようとしてはいけないとは思いますが、彼がそのうち、もっと多様な人や物事を受け止め、自他共に愛せるようになって、本当の自信をつけてくれたらいいなと願っています。


私と彼との関係が今後どうなっていくかは全く白紙ですが、焦らず恐れず、関係を楽しんでみたいと思います。温かく背中を押してくださり、ありがとうございました。

[管理人からの回答]


人との出逢いは、まるで偶然のように思う方もおられるでしょう。

しかし、毎日数千人という人とすれ違う現代社会の中、特定の人と対峙し会話し、しかもそこに関心が向かうというのは、あなたの心と相手の方の心が引き合うからに他なりません。


肉体や心の成長は、その時々の段階によって必要とする刺激が変化するため、その刺激を得られる人との出逢いを求めます。
あなたが今の彼に惹かれるのは、あなたが彼とともに過ごす時間によって、あなたがより大きな貢献体へと進化するために必要だと判断しているからです。


しかし、彼にもあなたにも、成長の段階はやがて次のステージへと進む時期が必ず来ます。
その新しい段階において、あなたが彼を求めるか否かはわからないのです、また彼があなたを求めるか否かも同様です。


人間関係において、相性が悪いとか嫌いな人というのは、自分の成長を阻害するのではないかという思惑があるように感じるでしょう。
しかし、概してその逆が多く、成長を阻害する人や物には、私たちは関心がない、つまり無関心となるのです。

恋愛においても、もっとも成就しにくいのは無関心な相手に対して愛を告白することです。


あなたが今の彼に対して、もっとこうしてほしいとか、こうあってほしいという思いは、そこに強い関心があるからでしょう。
関心は愛が形を変えたものです。


もしあなたが彼に対しての愛情に懐疑的になったのなら、この二つの問いかけを自分にしてみてください。

「私は彼に何ができるのか」
「私は彼から何を求めているのか」

二人の関係性が崩れる時、この問いかけの強さ加減が崩れている時です。

上手く行っている時には、お互いが「相手に何ができるか」と考えています。
しかし、破綻する夫婦や恋人の場合、後者の「何を求めているのか」という要求が強くなっているはずです。

迷った時、自分の気持ちがどちらの質問に対して強い感覚があるのかを再認識してみると良いでしょう。



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳