共依存とは


共依存の正体とは?

共依存の人は、自分自身を大切にしたり、自分自身の問題に向き合うよりも、配偶者、親族、恋人、友人等の身近な他人の問題ばかりに気を向け、その問題の後始末に躍起になります。

それら身近な人々が取らなかった責任を代わりに取り、結果として現在の困った状況を他人本人が決意して解決する必要性を与えずに、困った状況をそのまま続けてしまうことになります。

つまり、この人には自分がいなければ・・・というつもりで行動しておきながら、実は自分自身の存在意義をその行為やその人の中に認めさせ、自我を確立しているのです。
境界性人格障害の一つの症状として共依存もあるようです。

・身近な他人のおせっかいは障害
依存症の人は、アルコール依存症やギャンブル依存症、非行や暴力、買い物中毒、仕事中毒、人間関係の絶えないトラブル等を抱えているため、傍らにいる共依存症の人の「共依存」という問題がクローズ・アップされることは滅多にありません。
しかし、そうした依存症を抱えている人達の側には、必ずといっていいほど、共依存の人がいると言われており、共依存の人達が問題の後始末をしてくれるので「本人は困った状況がなんとかなる」と無意識で感じてしまいます。このことが問題の根本を解決せずに放置し悪化させるのです。この現象を指して共依存者のことを「依存症の支え手」と呼びます。

誤解してはならないのは、誰かが何かの依存症に陥っているのは、その本人に問題があるからであって、問題のない人は依存症にはなりません。共依存症者と他の依存症者が一緒にいると、両者とも依存症がエスカレートしやすくなりますが、共依存症者が側にいなくても、依存症者は依存症にはまってゆきます。「私が共依存症だから、相手が○○○依存症なんじゃないか?」と思うのは、間違いだということです。

共依存症者が側に居なければ、他の依存症者のエスカレートは緩やかになるケースが多いと言われていますが、それと同様に他の依存症者が側にいなければ、共依存症者のエスカレートも緩やかになります。
立場は同等であり、とちらにも同じように問題があります。

日本女性は特に「我慢して尽くすこと」が美徳だとされているので、共依存者が多いと言われています。このことは、ある程度までは良好な人間関係を構築する上では有効ですが、行き過ぎた場合、その人の人生は他人の後始末、他人の責任の肩代わりばかりで、自分の人生を生きることができません。

・以下は、共依存症者の典型例です。

1.適切な自己評価を体験できないという自己愛の障害

2.自己と他者の境界設定ができずに、他者に侵入したり、
 他者の侵入を許したりするという自己保護の障害

3.自己に関する現実を適切に認識することが困難であるという
 自己同一化の障害

4.自己の欲求を適切に他者に伝えられないという自己ケアの障害

5.年齢や状況など、現実にそって振舞えないという自己表現の障害

ほとんどのケースで境界性人格障害の疑いがあります。

・以下は、おもな症状、アウトプットです

・他人の行動、感情、考え方・状況・結果を変えようとコントロールする
他人の行動の責任はとるが、自分の行動がどのような結果を招いているかは考えない。他人の文句を言ったり、他人がどうするべきかを考えてそうなるよう努力はするが、自分がどうすれば本当は良いかを考えない。

・何か身の回りに問題や危機が起こっていないと空虚になる
問題のある人や場所に惹かれやすく、不安定な生活を送りやすい。いざ安定した自分中心の生活と不安定な他人中心の生活の選択をせまられると、「私がいないとあの人は・・・」「金銭的に無理」などといろいろ理由を並べて熱中できる問題がたくさんたる生活を選ぶ。

・依存心が強く、一人でやっていけるという自信がない
自尊心・自己評価が低く、自分自身が好きではない。一人で過ごしているとひどい虚無感に襲われて、自分を必要としてくれる人を常にもとめ、「見捨てられる危機感」を振り切れない。

・考え方、視野がせまい。社会・地域・自然などへの関心・貢献が薄い
特定の他人の問題で頭がいっぱいで、友人からも離れ、小さく狭い世界で生活する。このため、自分と自分の周囲の狭い範囲の人達が、どんな悲惨な状況なのか気がつかない。

・現実をしっかり見つめようとしない
他人の目や意見を気にして、あるいは自分の本当の気持ちをごまかすために、真実を隠して表面は何でもないように振舞う。悪い面をできるだけ小さく考えようとしてそう表現する。

・「No」と言えない。「私」を中心に話せない
コミュニケーションの技術に欠け、「自分の」必要なもの、欲しいものをはっきり要求することができない。「いいえ、できません」とはっきり断わることができない。他人の問題や他人の愚痴ばかり話し、「私は」こう感じてこう考えるというように自分自身を主にできない。

・他人とのバウンダリー(境界)がはっきりしていない
他人の問題にお節介にも入り込んでしまったり、他人の落ち込むのを見ると、自分も滅入ってしまったり、または人の気分を変えようと必死になったりする。自分と他人は考え方も感じ方も感情も違う個別の人間であるという自覚が、実はない。

・自分の身体から出るメッセージに気がつかない。感情の適切な表現ができない
繊細な感情がマヒしてしまっているので、感情の適切な表現ができずに、何だか変だなと思うときに胸がドキドキしても、それに注目せず無視してしまい、行動を変えることなく同じ間違いを何度も繰り返したりする。

・怒りの感情や動機に問題がある
自分よりも他人のために行動しているのに報われないとなると、怒りや恨みがたまってくるのは当たり前のことだが、自分自身でその怒りを否定するために適切な怒りの表現ができない。急に爆発させたり、八つ当たりしたり、あるいは怒りを「恐怖」にすりかえて怒りを感じないようにする。

・静かに時を待つ、ということを知らない
今すぐ良い結果が出ないと気がすまず、せかせか動き回ったり余計な心配に気をもむ。他人の行動を長い目で見守ることができず、自分が今すぐコントロールしようとする。しなければならないことで頭がいっぱいになり、様子をみるということができない。

・罪の意識によくおそわれる
相手に問題があるのは、自分が何か悪い事をしたかのように思い込み、自分がもう少し努力すれば、また自分の欠点を直せば相手が良くなるだろう、変わるだろうと必死になる。疲れて相手から離れようと考えると「私がいなければあの人は」「子どもがかわいそうだ」とひどい罪の意識に囚われる。

・物事が極端。ほどほどに、ができない
黒か白かがはっきりしすぎたり、自分が正しくて他人がまったく間違っているとか、または反対に全部自分のせいだと思い込んでしまう。いったん何かをやりだすと限度を知らず、または物事を1つも完成させることができずに、途中ですべて投げ出してしまう。

・過去の間違いから学ぶことができない
相手が問題を起こすと憤慨し嘆くが、少し調子がいいと苦しかったことを忘れて相手を「可哀想な人だから」と弁護したり本当はとても良い人だと思ってすぐ許してしまう。離れたり調子が良いときは楽しいことばかり思いだし、苦い経験を忘れてしまうのでふたたび同じ過ちを繰り返す。

・被害者意識にとりつかれている
相手を救おうとあがき、上手くいかないと相手を責める。それもうまくいかないと、相手のせいで自分はこんなにみじめだと被害者意識にとりつかれる。被害者の役割を演じ、相手のせいにしていれば自分の選択と行動の結果の責任を取らなくていいという錯覚に陥る。

・自己の確立ができていない
自分に自信がないので他人に幸せにしてもらおうと思っていたり、自分の人生の目的や自分はいったい誰なのかがはっきりせず、自分を大切にできない。すべての共依存の問題は、ここから始まっていると思われる。

自己嫌悪とはパニック障害とは共依存とは社会恐怖とは統合失調症とは
買い物依存症の原因出会い系パーティー参加依存症の原因
自己愛性人格障害とは回避性人格障害とは境界性人格障害とは


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.