もうひとりの自分(もうひとりのじぶん)|夢占い、意味と解説


夢の名称: もうひとりの自分(もうひとりのじぶん)
推察: 抑えきれない感情、抑圧への反発、未来の自分、分裂したもうひとりの自分などを表します。
アドバイス: 夢の中で、もうひとりの自分と話をしていたら、あなたが自分でも気がつかない自分の側面を探り、自分を客観的に見つめなおそうとしている気持ちの表れが出ております。
もし、何度も繰り返しその夢を見て、気分が悪くなるようなら、精神的なバランスが崩れていることも考えられますので、専門の医療機関で相談した方が良いかもしれません。


あなたの言動をもうひとりの自分が見ている夢は、あなたの心の葛藤を表しております。
現在の状況や置かれた立場に順応できていないのかもしれません。
一度冷静になって、問題の解決に取り組むことが必要でしょう。
ひとりで悩まずに、誰かに相談に乗ってもらうと良いかもしれません。


夢の中に自分とそっくりな人が出てきたら、それは未来のあなたの姿を暗示しているのかもしれません。
その人の言葉や態度、夢の内容などをよく思い出してみてください。


もうひとりの自分が好きな人や恋人、配偶者と一緒にいる夢を見た場合は、そのことについて、あなた自身がどう感じたかが、メッセージの鍵となります。
もし、うらやましく思ったり、嬉しいと感じたら、その相手とずっと一緒にいたいという気持ちの表れでしょう。
嫌悪感や不快感を感じたら、恋愛運、愛情運の下降を暗示しているのかもしれません。


夢の中で、もうひとりの自分があなたに笑いかけてきたら、あなたの心の危険信号かもしれません。
何か大きな不安を抱えていたり、精神的なバランスを崩しているということはありませんか?
特に、その笑顔に対して恐怖心や薄気味悪さを感じた場合は、要注意です。
専門の医療機関で相談するなど、心の健康に対する対処が必要だと考えられます。

夢の中のもうひとりの自分は、あなたに何か大切なことを告げるために表れたと考えられます。
夢の内容をよく思い出してみてください。
心の健康に関するメッセージを送っている場合も多いため、注意が必要です。
今日が誕生日の方: 運命の歯車
欲望をコントロールする事で、真に必要な物が手に入ります

あなたが人生の中で出会う「運命の人」の誕生日
4/18 4/19 4/20 4/21 10/31 11/29 12/27


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.