橋(はし)|夢占い、意味と解説

夢の名称: 橋(はし)
推察: 変化、境界、存在、意識と無意識、生と死などを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

コンクリートや石などでできた丈夫な橋の夢を見たら、仕事や勉強が好調に進むでしょう。
また、大きな目標を達成できる予感を感じます。


新しく橋を作る夢を見たら、物事が良い方向へ変化すると考えられます。
また、新しい可能性の発見や、目標の達成、成功などを暗示しております。


鉄橋の夢は、大胆な行動によって成功や幸運を呼び込むことを暗示しております。
アドバイス: 橋が崩れ落ちる夢、折れる夢、壊れる夢は、状況が悪い方向へ向かうことを暗示しております。
考えてもみなかったトラブルに巻き込まれる、やることなすこと裏目に出る予感を感じますので、じゅうぶんに注意してください。


橋の途中で引き返す夢、橋を渡りきれない夢を見たら、何かで挫折すると考えられます。


橋の上から誰かを呼び、その人が応えた場合は良い方向へ、応えない場合は悪い方向へ物事が変化しそうです。


橋の上にいる夢を見たら、古いものから新しいものへ変わる時期であると考えられます。
慎重な言動を心がけましょう。


流れの早い川にかかる橋のように、危ない場所にある橋を渡る夢は、あなたに危険が迫っていることを警告しております。


不安定なつり橋を渡る夢を見たら、無茶な行動は控えた方がよさそうです。


木製の橋の夢は、あなた意志が弱くなっていることを表しております。


橋の欄干にもたれている夢を見たら、何をするにも忍耐が必要になってくるでしょう。

橋の向こう側が美しい花畑だったり、荘厳な風景や霞がかかっている夢の場合は、死を意味することもありますので、じゅうぶんに注意してください。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳