電話・電報(でんわ・でんぽう)|夢占い、意味と解説

夢の名称: 電話・電報(でんわ・でんぽう)
推察: コミュニケーション、人との繋がり、大切なメッセージなどを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

きれいな公衆電話や電話ボックスから電話をする夢は、人間関係が順調であることを暗示しております。


異性と一緒に電話ボックスの中にいる夢は、恋愛が順調に進んでいることを表しております。
また、これからそうなると考えられます。
ただし、電話ボックスの中が狭くて窮屈に感じる夢の場合は、もっと自由に、多くの人との恋愛を楽しみたいと願う気持ちの表れが出ております。


祝電を受け取る夢を見たら、何らかの幸運やお祝いごとが舞い込みそうです。


あなたが誰かに電報を打っている夢は、友情の復活を暗示しております。
また、仕事や勉強で自信がつけることができそうなので、積極的に行動しましょう。
アドバイス: 故障した電話の夢、公衆電話や電話ボックスに行列ができている夢、小銭やテレホンカードがなくて電話がかけられない夢は、あなたが自分の気持ちをうまく言葉にできていないことを表しております。


電話をかけようとしているのに、何度も間違ってダイヤルしてしまう夢を見たら、仕事や勉強でストレスがたまっているようです。
また、やるべきことがあるのにうまく進んでいない可能性もありそうです。


電話をかけた相手が出ない夢、話している途中で電話が切れてしまう夢、いつまでも相手が話し中で電話が繋がらない夢は、その相手とうまくいっていないことを暗示しております。


何度も間違い電話をしてしまい、違う相手のところにつながってしまう夢を見たら、自分の気持ちを見失わないように注意しましょう。


電話がかかってきているのに出ない夢を見たら、人間関係に疲れていると考えられます。
また、汚れている電話、鳴りっぱなしの公衆電話や電話ボックスの夢も、同じようなメッセージが込められております。


知らない人から電話がかかってくる夢は、夢からの大切なメッセージが含まれていると考えられますので、電話の内容をよく思い出してみましょう。


無言電話がかかってくる夢を見たら、今まで知らなかった自分の新たな一面を知る機会に恵まれそうです。


異性から電話がかかってくる夢は、恋愛面でのトラブルを警告しております。


電話ボックスの中を狭いと感じる夢、息苦しく感じる夢は、あなたが周囲に気を使いすぎていることを表しております。

電話の夢を見た場合は、電話の内容が夢からのメッセージを読み取る大切なカギとなりますので、よく思い出しましょう。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳