月(つき)|夢占い、意味と解説

夢の名称: 月(つき)
推察: ひらめき、変化、調和、神秘、女性、子宮、妊娠、あなたを守ってくれる人物などを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

美しい満月の夢を見たら、あなたに人生の絶頂期ともいえるほどの幸せが訪れそうです。
特に、愛情運の上昇が期待できます。
また、あなたが女性の場合は、妊娠を暗示しているとも考えられます。


明るく輝く月の夢を見たら、愛情運の上昇が期待できます。
また、精神的に頼りになる人物との出会いや朗報に恵まれる可能性もあるでしょう。


新月や三日月、上弦の月のように、これから満ちていく月の夢は、あなたが意欲的であることを表しております。
あまりよくないことでも、よい方向へ好転させるほどのパワーがありそうです。


月の光に何かの影が映し出されている夢は、自分でも気がつかなかった才能を発揮できることを暗示しております。


月を飲み込む夢、月を掴む夢を見たら、大きな幸運が訪れそうです。
また、意外な人物があなたに力を貸してくれる予感を感じます。
あなたが女性の場合は、周囲に祝福される出産を迎えることができるでしょう。


海から月がのぼる夢は、家庭内の幸せを暗示しております。


あなたの部屋に月の光が差し込む夢を見たら、結婚や妊娠の可能性がありそうです。
アドバイス: 月が消える夢、月が落ちる夢を見たら、あなたの大切な人に何らかの不幸が訪れると考えられますので、じゅうぶんな配慮が必要です。


月に雲がかかる夢は、不運や悲しい出来事が起こることを暗示しております。


月が西の山に沈む夢は、不運が訪れると考えられます。
また、死を暗示する場合もありますので、あなた自身やあなたの大切な人の健康や自己に警戒してください。


空にいくつかの月がある夢を見たら、浮気など恋愛のトラブルに注意してください。



月が満ちたり欠けたり変化する夢を見たら、予想もしていなかった急激な変化があるかもしれません。
慌てず、適切に対処してください。


雲がかかっている月の夢を見たら、愛情面のトラブルに注意してください。
特に、あなたが感情的になりやすいと考えられますので、自らトラブルの原因を作らないように心がけましょう。


月光浴をする夢は、自分自身を見つめる必要があることを警告しております。


半月や下弦の月のように、これから欠けていく月の夢は、あなたのパワーダウンを暗示しております。
気分を切り替えて、前向きになることが必要です。


月が水に映っている夢を見たら、期待はずれな出来事が起こるかもしれません。


月食の夢は、あなたの存在をおびやかす相手がいることを警告しております。

月の夢を見た場合は、直感を大切にしましょう。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳