薬(くすり)|夢占い、意味と解説

夢の名称: 薬(くすり)
推察: 手助け、癒し、救い、忠告などを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

薬を飲む夢を見たら、何かを失う代わりに、それ以上のものが得られる予感を感じます。


誰かに薬をもらう夢を見たら、あなたの立場が有利になりそうです。


あなたが病気を患っている場合、医師や看護婦から薬をもらう夢は、症状の好転を暗示しております。
アドバイス: 薬を飲まされて、意識が朦朧となる夢は、あなたの失敗や失脚を望んでいる人物がいることを警告しております。


薬を飲みすぎる夢を見たら、あなたは依存心が強くなっているようです。
まずは自分の力で頑張ってみるようにしてみましょう。
また、実際の薬の乱用を警告している場合もあります。


誰かが薬を調合している夢は、体調管理への警告です。


薬を間違えて渡される夢を見たら、頼りにしていた助けが受けられないかもしれませんので、あまり期待しないほうがよさそうです。


自分が薬を間違えてしまう夢は、あなたの考え方ややり方が間違っていることを警告しておりますので、再検討が必要だと言えるでしょう。


傷口に薬をつける夢は、危険な恋を警告しております。
その場の雰囲気や勢いに流されないように、注意してください。


誰かに薬をあげる夢、薬を売る夢は、友達関係の見直しが必要であることを警告しております。

薬の夢を見た場合は、健康状態だけでなく、身の回りのさまざまなことに夢からのメッセージを生かすことが大切です。
今日が誕生日の方: 運命の歯車
欠乏感と劣等感を払拭する鍵は、まずあなたから与える事

あなたが人生の中で出会う「運命の人」の誕生日
1/19 1/20 1/21 1/22 5/29 6/27 7/25 8/23 9/21 10/19 11/17 12/15


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳