カメラ(かめら)|夢占い、意味と解説

夢の名称: カメラ(かめら)
推察: 詮索や好奇心、本音の暴露、誰かへの執着心を表します。


<よいと思われる効果・暗示>

カメラで誰かを撮影する夢を見たら、あなたはその人の本心を知りたがっているようです。
その相手が異性の場合は、あなたはその相手が気になって仕方がないのかもしれません。
もしかすると、恋に落ちている可能性もありそうです。
アドバイス: ピントがうまく合わない夢は、その人の本音を知りたい気持ちと、知るのが怖い気持ちの両方を表しております。


誰かがあなたの恋人や親友など、大切な人にカメラを向けている夢は、その人を奪われるのではないか、という不安の表れが出ております。
また、そのことが気がかりで、仕事や勉強に集中できていないようです。


カメラで撮影される夢は、まわりに注目されたい、自分のことをしっかり理解してほしいという気持ちの表れが出ております。
また、あなたを撮影する人が異性の場合は、モテたいと思っているのかもしれません。


カメラを買う夢、誰かにプレゼントされる夢は、何か重大なことを見落としている可能性を警告しております。


カメラにフィルムを入れる夢を見たら、観察力を磨く必要がありそうです。


カメラからフィルムを取り出す夢を見たら、大事なことに気がついたり、大きな発見をしたりするかもしれません。


カメラが壊れる夢を見たら、友達に秘密を打ち明けるのはやめておいた方がよさそうです。
今話すと困ったことになるかもしれません。
もう少し時間を置きましょう。


カメラマンの夢は、自分の目で現実を見極めなさい、という警告です。

カメラの夢を見た場合は、思い込みで決めつけてしまわないように注意が必要です。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳