疑い(うたがい)|夢占い、意味と解説

夢の名称: 疑い(うたがい)
推察: 不安感、納得できない思い、気持ちをうまく消化できない状態などを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

誰かを疑い問いつめる夢を見たら、あなたが心に抱いている疑いは晴れるでしょう。
アドバイス: 友達や家族など、身近な人を疑う夢を見たら、人間不信になっているのかもしれません。
また、誰かに嫌な目に合わされるのではないか、不利益を被るのではないか、という不安の表れが出ております。


恋人や配偶者を疑う夢は、相手が自分を裏切っているかもしれない、いつか裏切られるかもしれない、という不安の表れが出ております。


誰かから疑われる夢を見たら、あなたはその相手に心を開けずにいるようです。
本音で話をしたいと思う気持ちと、本音で話せない気持ちとの間でもどかしく思っているのかもしれません。


一生懸命弁解しているのに疑いが晴れない夢を見たら、心身の健康のバランスが取れていないと考えられます。


事件の容疑者として疑われる夢は、自分はもっと評価されていいはずだ、自分はまわりが思っているよりできる人間だ、と思う不満の表れが出ております。

疑いの夢を見た場合は、勝手な思い込みをしていたり、疑心暗鬼になったりしていないか、冷静に考えてみましょう。
大なり小なり、不安は誰の心の中にもあるものです。
それを自分で勝手に膨らませてしまわないように注意してください。


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved. 英語に翻訳 中国語に翻訳