雨(あめ)|夢占い、意味と解説


夢の名称: 雨(あめ)
推察: 再生と繁栄、心身の状態などを表します。


<よいと思われる効果・暗示>

にわか雨の夢は、うまく気持ちを切り替えることができて、元気になれることを暗示して


しとしとと静かに降る雨の夢は、穏やかで落ち着いた心の状態を表しております。
また、努力が実を結んだり、幸運に恵まれたりする可能性もあるでしょう。


雨上がりの夢を見たら、幸運に恵まれるでしょう。
悩みや問題が解決して、今まで以上に自分に自信を持てるようになれそうです。
アドバイス: 一向に止む気配のない雨にうんざりする夢は、不満やストレスがたまっていることを警告しております。
また、前から楽しみにしていたことや大切な計画に、何らかの邪魔が入るかもしれません。


どしゃ降りの夢や豪雨の夢は、激しく同様している心の表れが出ております。
自分でもセーブできず、衝動的な行動に走ってしまう可能性も考えられますので、注意してください。


激しい雨に降られて雨宿りをする夢を見たら、あなたは誰かに助けて欲しいと思っているようです。
また、自分しか雨宿りしている人がいない夢の場合は、誰も力を貸してくれないのではないか、と不安に思う気持ちの表れが出ております。
無駄に焦って、自分で自分を追い込まないようにしましょう。


冷たい雨に濡れる夢を見たら、体調を崩しかけているのかもしれません。
しっかり休養を取ったり、早めに病院に行ったりする必要がありそうです。

警告の夢を見た場合は、客観的にものごとを見つめ、困ったときは素直にまわりに助けを求めましょう。
今日が誕生日の方: 運命の歯車
胸に突き刺さる言葉は、あなた自身が気にしている事

あなたが人生の中で出会う「運命の人」の誕生日
12/26 12/27 12/28


Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.