うつ対策


自分でうつ病かどうか知る方法はありますか?
自己診断テストが目安となります。

現在うつ病かどうかを判断するために広く使われているのが、アメリカ精神医...続く
うつ病で、体にあらわれる症状もありますか?
はい。さまざまな身体症状が起こる場合もあります。

うつ病では、精神的な症状が出る前に、身体症状のみが感じられる場合もあり...続く
うつ病は一度治ってしまえば再発することはないのでしょうか?
いいえ。半分近くの人が再発します。

うつ病は一度治ったと思っていても再発することがあります。 治ってから...続く
うつ病の原因がわかりません。
患者さん本人にもはっきりわからないのは、めずらしいことではありません。

「うつ病の原因は?」 うつ病の原因は患者さん本人にもはっきりわか...続く
"まじめでいい人"は、うつ病になりやすいのですか?
そうとは限りません。いろいろな性格の人に可能性があります。

うつ病は「神経質な人」「几帳面な人」「真面目で責任感の強い人」がかかり...続く
うつ病の診察は内科でも大丈夫?
はじめは内科でも良いですが、必要に応じて専門医のいる心療内科や精神科へ。

「内科に行っても大丈夫?」 うつ病の初期には精神症状がなく、身体...続く
できれば休職したくないのですが、絶対にしなくてはいけませんか?
はい。うつ病の治療には休養が欠かせません。

医療機関でうつ病と診断されると、医師は休職をすすめる場合がほとんどです...続く
抗うつ薬に依存性はありますか?
抗うつ薬を服用しても薬物依存症になる心配はありません。

抗うつ薬の服用に不安を抱いている人も多いと思います。なんだかよくわから...続く
面接は気が進みません。受けなくてはいけませんか?
治療の道筋をともに立てるためにも、必ず受けてください。

面接とは簡単に言うと、医師との話し合いの場です。正直にあなたの考えを述...続く
治ってきたみたいなので、治療は必要ないと思います。
うつ病は完治まで時間がかかり、再発しやすい病気です。まずは医師に相談を。

うつ病は、症状が良くなったかと思ったらまた悪くなる、というのを繰り返し...続く
復職したいと思ったら、どうすればいいですか?
まず医師に相談を。ゆっくり体を慣らしていきます。

ある程度症状が回復すると、早く職場に復帰しなければと考える患者さんも少...続く
復職に向けて支援してくれる施設はありますか?
復職支援プログラムを利用できる施設があります。

民間団体や医療機関、地域障害者職業センターなどを利用して、復職支援プロ...続く
周りの人が見てわかる、うつ病の症状は?
見た目や行動など、さまざまなサインがあります。

自分はうつ病かもしれないと思っても、周りに迷惑をかけたり、業務に支障が...続く
普段の落ち込みとうつ病のうつ気分は違うの?統合失調症との違いは?
うつ気分の深さ、長さ、妄想症状の傾向が違います。

普段の落ち込みであれば、他に良いことが起こったり、時間がたてば忘れてし...続く
うつ病の受診をすすめていますが、本人がうんと言いません。
家族が中心となって、じっくり説得しましょう。

うつ病には病院での治療が欠かせませんが、本人が病院に行きたがらないケー...続く
家族は何がしてあげられますか?
うつ病を正しく理解し、患者さんをサポートしてください。

うつ病の患者さんを一番そばで支えてあげられるのは、家族です。まずは家族...続く
友人がうつ病かもしれません。どうしたら良いですか?
まずは病院に行くことを勧めてください。

「心配なので病院に付き添っていきたいのですが・・・」 友人にうつ...続く
うつ病だと思っていたのに急にテンションが高くなり、理解できません。
うつ状態と躁状態を繰り返す、双極性障害でみられる症状です。

うつ病にはいくつかの種類があります。その中にはうつ状態と躁状態を繰り返...続く
家族のうつ病看護に疲れました。
家族で協力しあうことが大切です。息抜きも覚えて。

うつ病患者さんを支えるのは、家族であっても容易なことではありません。看...続く
自殺願望が強い時、周りはどうすれば良いでしょうか?
サインを見逃さず、患者さんの思いを受け止めてあげてください。

うつ病の症状のひとつに「自殺願望」があります。命に関わる大きな問題なの...続く
職場でうつ病の症状に気がつくためにはどうしたら良いですか?
勤務態度や仕事状況に、うつ病のサインが出ているかもしれません。

最近は、職場や仕事のストレスがうつ病のきっかけとなっている人が増えてい...続く
休職中に会社ができるケアはありますか?
休職前、休職中、復職後もサポートは不可欠です。

うつ病での休職は、3ヶ月~半年くらいの期間を要します。まずは休養と治療...続く
復職の適切なタイミングは?
症状が回復していることが前提です。タイミングは主治医と相談して決めましょう。

休職後の復職をきっかけにうつ病が再発してしまうケースもあります。そのた...続く
会社に産業医がいません。
専門家がいない場合は、社外の支援施設を利用してみましょう。

現在、うつ病の多くは職場でのストレスが原因となっています。 そのため...続く
復職した同僚に周りが気をつけることはありますか?
病気に理解を示しつつサポートを。

休職後の復職には周りの理解とサポートが欠かせません。 「どう接す...続く


ものごとにとことん真面目に取り組み、手を抜くということができないため、大きなストレスに繋がる。
メランコリー型うつ病になりやすいのは、専門的に「メランコリー親和性性格...続く

深いうつな気分が長期的に続くのが特徴。自分を責める症状がある。
深いうつ状態が長く続くのが特徴です。ただのうつ気分と違い、嬉しいことが...続く

がんばりすぎないことが大切。休養や薬物療法に加え、精神療法も行う。
・休養 メランコリー型うつ病の患者さんは真面目な性格の人が多く、仕事...続く

ハイテンションを通り越して高揚しすぎてしまう。
双極性障害は比較的若い人に多いうつ病です。専門的には「循環気質」と呼ば...続く

極端に落ち込むうつ状態と極端に気分が高揚する躁状態が繰り返しあらわれ、日常生活に影響を及ぼす。
双極性障害の特徴 ・激しい落ち込みが一日中毎日続くうつ状態と、ハ...続く

うつ状態と躁状態のギャップが激しく、周囲の人はついていけないことも。それぞれふさわしい対応をしましょう。
躁状態になった患者さんは病気であるという自覚がありません。そのため周り...続く

小さなミスに対する自己嫌悪やストレスが重なり、やがて大きな負担になってしまう。
気分変調症は現在では抗うつ薬での治療も行われており、うつ病の一種として...続く

他のタイプと比べるとうつ症状は軽い。本人も周りも、病気ではなく性格の問題だと勘違いしているケースもある。
気分変調症はメランコリー型うつ病や双極性障害と比べてうつ状態が軽く、な...続く

長期的に服用すれば、抗うつ薬での症状改善も望めます。薬物療法のほか、精神療法で思考の仕方を変えられるよう治療することも不可欠です。
抗うつ薬は長期的に投与することが有効です。すぐに改善がみられないからと...続く

自意識や自己愛が強く、さみしがり屋な人が多い。特に対人関係のダメージに弱い。
否定型うつ病になりやすい人は、常に人に認められたい、自分をよく見てもら...続く

気分にむらがあり、状況によって左右されやすいのが特徴
典型的なうつ病との違い ・過眠や過食があらわれる 典型的なうつ...続く

生活のリズムを整えることが大切。患者さん本人の努力と周囲のサポートが必要。
うつ病には休養が不可欠ですが、非定型うつ病の場合はその限りではありませ...続く

特に出産前後や更年期はうつ病になりやすいため、以前と変化を感じたら医療機関で診断を。
女性特有のうつ病には女性ホルモンの一種、エストロゲンが関係しています。...続く

さまざまな喪失体験や社会的な負担がうつ病につながる
高齢になると家族や周囲の人たちとの死別、体力や身体機能の低下、退職によ...続く

身体症状がわかりやすいため、大人のうつ病より気がつきやすい。また、うつ病のきっかけがはっきりしているのも特徴。
以前は、子どもにはうつ病はないと考えられていました。しかし現在、子ども...続く

難治性の病気、病気が慢性化している患者さんはその分ストレスも多く、うつ病になる危険性が高い。
病気や薬が招くうつ病 ・身体的、心理的ストレス 病気の告知を受...続く



Copyright(C)spiritual-life. All Rights Reserved.